IRDBとは

IRDB(学術機関リポジトリデータベース : Institutional Repositories DataBase)(https://dev.irdb.nii.ac.jp/)は、日本国内の学術機関リポジトリに登録されたコンテンツのメタデータを収集し、提供するデータベース・サービスです。

IRDBの主な機能と特徴

 

IRDB概要図

 

(a) IRのメタデータの収集

(b) 収集したメタデータの提供・公開

  • IRDBでハーベストしたメタデータは、以下のシステムに提供しています。これにより、IRに登録されたコンテンツが、それぞれのシステムで利用されるようになります。
    • CiNii(https://ci.nii.ac.jp/)やOpenAIREなどの学術情報プラットフォーム: IRに登録されたコンテンツを検索する際に利用されます。
    • 国立国会図書館: 博士論文本文の自動提出に利用されます。
    • ジャパンリンクセンター(JaLC): 国立情報学研究所の取りまとめるJaLC準会員が、DOI(デジタルオブジェクト識別子)を付与する際に利用されます。
  • IRDBでハーベストしたメタデータを、各機関に提供することもできます。

(c) IRのコンテンツの検索

  • IRDBでハーベストしたメタデータを使用して、IRのコンテンツを検索することができます。検索は、IRDBの検索機能を使って行います。

(d) IRに関する統計情報の公開

  • 国内のIRに関する統計情報を公開しています。