データ連携 - JaLC

 リポジトリの登録アイテムにIRDBを経由してJaLC DOIを付与するためには、国立情報学研究所が取り纏めるJaLC準会員への参加申請が必要です。

 申請については国立情報学研究所が取り纏めるJaLC準会員のページを参照してください。

 また、JaLC DOI付与のためのメタデータ作成にあたっては、技術情報 JaLCもご参照ください。

 ここでは、IRDBがJaLC DOI付与のために行うフォーマットチェックについて解説します。

 

JaLCへ提出するメタデータのフォーマットチェック

 selfDOIに値があるアイテムについては、 通常のフォーマットチェックに加えて下記のチェックを行います。 これはJaLCへのDOI登録用の提出にあたり行われるものです。 なお、フォーマットチェックの結果、エラーのあるデータはIRDBに登録されません。

 チェックの結果につきましては、通常のフォーマットチェックと合わせてメールでお伝えしますので確認するようにしてください。

 ハーベスト時にJaLCへの連携条件を満たしたアイテムは、マイコンテンツの一覧表示「OAI連携先種別」にra属性に応じた種別 (jalc, crossref, datacite) が表示されます。

 

エラーメッセージ 原因または対処法
ra情報に誤りがあります。 語彙に存在しないra属性が設定されています。

(RA)のprefixが一致しません。

(RAにはjalc, crossref, dataciteのいずれかが入ります。)

IR情報に登録されているプリフィックスと異なるプリフィックスが指定されています。

(RA)のprefixが設定されていません。

(RAにはjalc, crossref, dataciteのいずれかが入ります。)

IR情報に該当するRAのプリフィックスが登録されていません。
資源タイプとraの組み合わせエラーです。

NII資源タイプとra属性が、DOIが付与できない組み合わせで設定されています。

DOI が登録できるNII資源タイプについては、IRDB (JAIRO)データ提供機関のためのDOI管理・メタデータ入力ガイドラインを参照してください。

DOIが付与されている資源タイプが変更されています。

DOI登録後にJaLCコンテンツ種別を超えたNII資源タイプの変更はできません。

例:Journal ArticlesからThesis or Dessrtationへの変更はエラーとなります。

JaLCコンテンツ種別とNII資源タイプの対応は、IRDB (JAIRO)データ提供機関のためのDOI管理・メタデータ入力ガイドラインを参照してください。

DOIが付与されているraが変更されています。 DOI登録後にra属性を変更することはできません。
prefixとsuffixの合計文字数が300文字を超えています。 プリフィックスとサフィックスの合計は300文字以内にしてください。
prefixとsuffixの設定が不正です。 プリフィックスがない、あるいはサフィックスがありません。
prefixの形式が不正です。

プリフィックスの記述形式が不正です。

例:10.xxxxx 形式になっていない、先頭に不要な文字列が入力されている等。

すでに登録されているDOIと異なるDOIが指定されています。 一度DOIを登録したアイテムに対し、別のDOIを付与することはできません。
すでに同じDOIが登録されています。 同じDOIを異なる複数のアイテムに登録することはできません。DOIを付与したアイテムを削除した場合でも、そのDOIを再利用することはできません。
○○が見つかりません。(○○には項目名が入ります。)

ra属性およびJaLCコンテンツ種別毎に必須項目が定められています。その必須項目がないというエラーです。

メタデータの必須項目については、IRDB (JAIRO)データ提供機関のためのDOI管理・メタデータ入力ガイドラインおよびガイドライン別表を参照してください。